2007年04月26日

四万十川の沈下橋とは

◆沈下橋とは
沈下橋(ちんかばし)とは河川を渡る橋の一種。高知県以外では潜水橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋などともいう。

橋の上に欄干が無く(あってもかなり低い)、水面からの高さが高くないことが特徴である。これは、増水時に、橋が水面下に没するようになっており、流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が破壊されたり、川の水が塞止められ洪水になることを防ぐためである。また、壊れても再建が簡単で費用が安いという利点もあり、実際に流されることを前提としていた例もある。一部の橋には流木避け(増水時流木やゴミが桁や橋脚に直撃して壊れるのを防止する為、橋上流部側面に設けられた斜め状の部材)が設置されている事もある。

その構造から建設費が安く抑えられるため山間部や過疎地などの比較的交通量の少ない地域で生活道路として多く作られた。しかし現在では山間部でも広い道路や本格的な橋が造られること、また慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから、徐々に姿を消しつつある。

1993年に高知県では沈下橋を生活文化遺産ととらえ保存し後世に残すという方針を決定している。1994年の高知県による調査によれば全国の一級河川に架かる沈下橋は410あった。高知県の四万十川には支流も含め47の沈下橋がある。吉野川流域では潜水橋や潜り橋と呼び、四万十川流域では沈下橋(ちんかばし)と呼ぶ。

埼玉県の荒川水系にも比較的多く存在している。そちらでは冠水橋と呼ばれている。流木避けが設置されているケースも多い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by 四万十川 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。